外資系生保の社員が、オレオレ詐欺で逮捕。

保険屋が把握した顧客の個人情報が、詐欺に流用されているんですね。

だったら、その情報、保険金殺人にも使われていて不思議はないですね。

生保のゴロツキ社員は、オレオレ詐欺なんて言うスケールの小さな犯罪だけではなくて、保険金殺人のお手伝いもしてくれるのでしょう。

決め手は「保険金詐欺に生保社員が関わっていた」と分かるようにしておくこと。生保は、不祥事発覚を恐れて、黙って、保険金を支払って不問に付します。保険金詐欺には、保険屋を引き込んでおくことが肝要です。


珠比.

お年寄りがカモにならないように。

◆生命保険会社社員の“オレオレ詐欺”逮捕に業界騒然!
「顧客の個人情報悪用なら、大変なことに」 ニュース

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-93369/

(抜粋) 昨年、あるオレオレ詐欺グループは、高齢者の情報を集める新しい手口として「高齢者のひとり暮らしを支援するグッズのプレゼント」を装ったハガキを配布。送られてきた情報をもとに詐欺未遂事件があったことがわかっている。(2017年02月16日 21時0分 日刊サイゾー)

広告