北のエリンギ坊やのミサイル発射に、全然、ビビってくれない日本国民に業を煮やした安倍晋三一味が、東京メトロに命じて、ミサイル発射を理由に地下鉄運転を見合わせさせ、パニックを煽りましたが、誰も反応せず、すぐに忘れられました。(文章、長いな、)

金正恩と安倍晋三。同じ指揮系統の末端奴隷です。追い詰められた1%オリガーキが、やみくもに発する命令に振り回されて、両名とも、右往左往です。1%オリガーキは、デービッド・ロックフェラーが死んで後、司令塔がなく、迷走中です。

今回、ミサイルを発射した地点の名前が、「カワイイ」と女子高生の間で話題になっているとか?「プクチャン」。w


ダチョウ
北ミサイル 東京メトロが運転見合わせ 初の措置 車内に動揺、若い女性「こんな車内放送初めて」
産経新聞 4/29(土) 8:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000505-san-soci

東京メトロは29日朝、北朝鮮が平安南道北倉(プクチャン)付近からミサイル1発を発射したとの報道を受け、午前6時7分から全線で一時運転を見合わせた。10分後の6時17分、着弾の恐れがなく安全と判断し、運転を再開した。北朝鮮によるミサイル発射を受けた措置は初めて。

東京メトロによると、ミサイル発射の報道を受け、運行を管理する指令が、銀座線や丸ノ内線など全9路線の電車の運転士に対し運転見合わせを指示。走行中の電車は次の駅で、安全が確認されるまで停車させた。北朝鮮のミサイル発射が判明した際、乗客の安全を確保するため運転を見合わせるようあらかじめ取り決めていたという。

東西線の電車で中野駅から大手町駅に向かっていたという東京都調布市の50代の会社員の男性は「車掌が『北朝鮮がミサイルを発射した影響で運転を見合わせています』という車内放送があり、車内が少しざわついた。近くにいた若い女性は『こんな(車内)放送初めて聞いた!』と驚いていた」と話した。

広告