司法試験の替え玉受験というのは、結構、普通に行われている模様です。

顔写真の「照合」は、試験が始まってから。受験生は下を向いているので、照合漏れもあり得ます。「試験官と仲良し」なら、お目溢しもあるでしょう。

司法試験ではないですが、受験票の写真をPCで合成して、志願者にも代理受験者にも見えるように工作した実例もあるようです。

これなら、ヘンなカルトの奴隷でも、難関を突破できますね。w

でも、合格後の司法修習で実力ゼロがばれるでしょうけれど。拾ってくれる裏社会弁護士事務所でもあるのかな?

以上、与太話でした。


受験票写真、PCで合成… 替え玉で中大だます(5月10日12時1分配信 読売新聞)
 
中央大学理工学部(東京都文京区)の2009年度入試で発覚した替え玉受験で、受験票にはられた顔写真がパソコンで合成され、 志願者と代理受験者のどちらにも見えるよう工作されていたことが10日、分かった。(以下略)

広告