ハッカー攻撃は、今も昔も1%オリガーキ・ユダヤ人の仕業。

ロシアに罪を擦り付けるのも、もはや「伝統行事」。

誰も信用しないシオニスト変質者ニュース。

好きにやりなはれ。もう飽きた。


冨永 俊史

【露プーチン閣下:最近のサイバー攻撃の主な源は米国の情報機関でありロシアは全く関係ない】

◆プーチン大統領 最近の大規模サイバー攻撃に関する非難についてコメントする(Sputnik)
https://jp.sputniknews.com/russia/201705153637286/

ロシアのプーチン大統領は、中国訪問を総括する記者会見で、世界で懸念を呼んでいるサイバー攻撃について、最近のサイバー攻撃の主な源は米国であるのに、これに関してロシアに対する非難を耳にするのは不可解だと述べた。

プーチン大統領は「全体としてハッカー攻撃は危険であり、よいことは何もない。
これは懸念を呼んでいる。なお、これらの脅威の源だが、それは私が思うに、マイクロソフト社の指導部が率直に発表した。(指導部は)このウイルスの主な源は米国の情報機関であると述べた。ロシアは全く関係ない。この状況の中で何か別のことを耳にするのはとても不可解だ」と述べた。(2017年05月15日)

広告