CNN金融ユダヤ犯罪幇助局が、発狂中です。

ほぼすべての放送をトランプ批判に費やしている。

いい傾向ですね。

まともな国民は、CNNの放送をみると吐き気を催すようになる。悪意が鼻に突いて我慢できなくなる。そして、誰もCNNを見なくなる。

メディアの「偏向」を世界が知る絶好のチャンスです。

自爆行為、ご苦労様です。もっと頑張って、金融ユダヤ人の卑しさを丸出しにしてください!期待しています。


爆龍

1%オリガーキがトランプ氏叩きに余念がありません。
CNNやニューヨークタイムスを始めとする米大手主要メディアは、日本の大手マスメディア同様金融ユダヤ人の傘下。

それだけ、1%オリガーキの皆さんが後がないところまで追い詰められているわけです。

◆CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす
https://jp.sputniknews.com/us/201705173644434/
2017年05月17日 18:42

米メディア・リサーチ・センター(MRC)は、テレビ局CNNの放送を分析し、そのほぼ全ての放送時間がトランプ米大統領の批判に充てられていることを明らかにした。

スプートニク日本

専門家らは、5月12日にかけた深夜から20時間分のCNNの放送を分析した。CMや様々なタイプの宣伝を省いた結果、ニュースやリポート、解説、インタビュー、中継などに充てられた時間は13時間27分で、うち全放送の92%にあたる12時間19分がトランプ政権の活動を議論する番組であることが分かった。なお別のテーマに割り当てられた時間は、わずか1時間8分だった。

分析が行われた期間のニュース番組の主要テーマは、トランプ大統領によるコミー連邦捜査局(FBI)長官の解任だった。

同期間に、専門家やアナリストらは計123回出演し、コメントした。なおトランプ大統領反対派が意見を述べたのはうち78%で、トランプ大統領支持派はわずか6%だった。残りは、中立派の評価だった。

広告