安倍の周囲の朝鮮悪メディアのゴロツキは、徹底して守られる。

捜査員から「上からの指示で逮捕できなかった」と連絡

嫌疑不十分のため不起訴処分

「準強姦罪の場合、第三者の目撃やビデオなど直接的な証拠がないと(起訴が)難しい」

警察が、被疑者の強姦野郎の背後にいる安倍シャブ三に色目を使って、被害者に追及させないように仕向ける。警察が全く公益と違うところに在る証左です。

日本の警察は、警視庁本庁も、高島平署も池袋警察も、朝鮮悪の仲間内です。正義は行使しません。ゴロツキの集まりです。本人たちも悪徳警官であることに何ら反省はありません。悪徳をするために警察官になったのですから。


サムライ輿水応援隊

これはどうしようもないニュースだな。
被害者が気の毒すぎる。

●週刊新潮・山口敬之氏準強姦報道…被害訴える女性が会見「捜査に不審な点あった」

弁護士ドットコム 5/29(月) 18:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00006154-bengocom-soci

2015年4月に元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之氏から準強姦被害に遭ったという女性・詩織さん(28)が5月29日、検察の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。申し立て後に司法記者クラブで記者会見を開いた詩織さんは、「結果が私にとって受け入れられるものではなかった。捜査で不審に思う点もあった」と不服申し立ての理由を話した。この一件は、週刊新潮で報じられ、大きな話題となっている。

詩織さんや代理人弁護士らによると、詩織さんは2015年4月3日に山口氏と面会し、翌朝レイプの被害に遭ったと気づいた。4月30日には高輪署で告発状が受理されたが、6月8日に山口氏を逮捕しようと空港に行った捜査員から「上からの指示で逮捕できなかった」と連絡があった。結局、8月26日に書類送検されたが、翌年の2016年7月22日に代理人弁護士を通じて、嫌疑不十分のため不起訴処分となったことを伝えられた。

「被害者女性と言われることが嫌だった。また取り調べ中も被害者らしく振る舞いなさいと言われたが、被害者が悲しい、弱い、隠れなきゃいけないという状態にあることに疑問を感じた」。記者会見には下の名前と顔を出して臨んだ。

詩織さんは検察から、「準強姦罪の場合、第三者の目撃やビデオなど直接的な証拠がないと(起訴が)難しい」と言われたという。これに対し代理人の西廣陽子弁護士は、「目撃証言やビデオがないと難しいというのはありえない。準強姦罪の場合、否認事件でも起訴されて有罪になったケースはたくさんある」と極めて不適切であると指摘した。

一方、山口氏は5月10日、自身のフェイスブックで、「私は法に触れる事は一切していない」「当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている」などと、週刊新潮の報道に反論している。
.
弁護士ドットコムニュース編集部

広告