「都内ホテルの防犯カメラ画像には、山口氏に抱えられてホテルへ入っていく様子が映っていた」。警視庁の捜査員と一緒に、その映像を確認している。

はい、ここまで、はっきりと「証拠」があったのに、警視庁は白を切るのでしょう。「記憶にない。」「記録は破棄した。」が効けるかもしれませんね。

安倍犯罪者は、必死になって、警察に根回しして鎮火作業中でしょう。

詩織さんの事件、警察は、朝鮮悪の言いなりの犯罪者集団だと国民が知る絶好の機会です。詩織さんには申し訳ないですが、これ、偉業です。


性的被害でTBS元支局長を告発した詩織さん、ホテルの防犯カメラ画像を確認したことを主張

5/29(月) 23:25配信

元TBSワシントン支局長でジャーナリストの山口敬之氏(51)に性的暴行を受けたとして29日に記者会見した詩織さん(28)=姓は非公表=は、暴行を受けたとされる2015年4月4日の都内ホテルの防犯カメラ画像には、山口氏に抱えられてホテルへ入っていく様子が映っていたと主張している。4月15日に警視庁の捜査員と一緒に確認したという。

詩織さんの代理人弁護士によると15年8月26日に山口氏は書類送検され、10月に詩織さんは担当検事と面会。16年1月には山口氏が担当検事から事情聴取を受けたという。その間、山口氏からは代理人を通じて詩織さんの弁護士に連絡はあったが、本人とは一切接触していないという。

詩織さんは、山口氏のフェースブック上の「私は法に触れる事は一切していない」という反論について「そう言って来るだろうな、と思いましたが、山口氏とはもう全く関係ない(関わりをもっていない)」と話した。

広告