「ヒットラー一味は、戦後、Uボートでアルゼンチンに逃れた。」「ナチスはユダヤ・シオニスト機関。だから、イスラエルもヒットラー一行を追及しなかった。」が常識となる時代が来そうです。


冨永 俊史

【第2次世界大戦後、ナチスドイツの多くの悪名高い活動家が南米に逃亡して裁判を逃れた】

◆ナチスの隠し倉庫が見つかる アルゼンチン【写真】(Sputnik)

https://jp.sputniknews.com/life/201706203784902/

アルゼンチン首都ブエノスアイレス近郊で、警察がナチスに関係した物を保管する秘密の倉庫が発見された。倉庫はアルゼンチン最大の規模だという。AP通信が報じた。

倉庫からはナチスに関連したもの75点が発見。アルゼンチン政府は、これらがナチスドイツの高官のものだったと見ている。アドルフ・ヒトラーの胸像も発見された。

アルゼンチンの安全担当相は、これまでの情報によると、発見されたのはコピーではなくオリジナルだと述べた。

【第2次世界大戦後、ナチスドイツの多くの悪名高い活動家が南米に逃亡して裁判を逃れた】。

先の報道によると、イタリアの町サロで開かれた『狂気の美術館』展覧会では、ドイツ第三帝国のアドルフ・ヒトラーによる絵画などが展示されている。(2017年06月20日)


 

ユダヤ・ロスチャイルド卿の孫、アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の
使命を果たした後、南米で余生を送り20年前まで生きていた?(RK過去文書)
http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150805/1438753472

広告