「米国のジャーナリストの大部分は、トランプ大統領に対し、あからさまな軽蔑をもって接し、彼を退陣に追い込むために『ロシアとの関係』を利用している」

実にシンプル。欠伸も出ない分かりやすいお話です。

米国のメディアを経営する1%オリガーキ鬼畜ユダヤ人にとっての敵は、トランプ大統領とプーチン大統領である。

この二人の手で1%オリガーキの築いた寡頭独占支配体制が破壊されようとしている。

よって、当然、1%オリガーキ・キチガイ集団は、半狂乱になって、根拠なく両者を結び付け、叩く。小学校のイジメと同じ。

当該ジャーナリストのパンツの中の包皮の形状に共通性があります。はい。!(^^)!


冨永 俊史

【英国新聞:「米国のジャーナリストの大部分は、トランプ大統領を退陣に追い込むために『ロシアとの関係』を利用している」】

◆英新聞評論員「なぜマスコミは、ロシアとの『関係』でトランプ氏を非難するのか』(Sputnik)

https://jp.sputniknews.com/politics/201706203783788/

「米国のジャーナリストの大部分は、トランプ大統領に対し、あからさまな軽蔑をもって接し、彼を退陣に追い込むために『ロシアとの関係』を利用している」―英国の新聞「インディペンデント」のメリー・デジェフスキ評論員は、このように指摘した。

彼女の主張によれば「米国のエスタブリシュメントの代表者やジャーナリスト達は、トランプ氏から解放されたいと望んでいるのだろうが、それはそう簡単なことではない」。

彼らを何にもまして、激怒させているのは、ロシアとの関係を修復したいとしたトランプ氏の発言である。大統領をその座から引きずり降ろそうと望む人々(デジェフスキ評論員の意見では共和党の中にも多くいる)は、まさにそれを利用している。

その際、英新聞評論員は、次のような見解を示した-

「トランプ氏の敵達が、彼の対ロシア政策が、米国の利益に脅威を与えていると実際本当にそう考えているのかどうか、最終的なところは明らかではない。それでもやはり、アメリカ人のもとに恐怖を呼び起こすロシアは、トランプ大統領に対する『バット(打ちすえる道具)』として用いられている。トランプ氏は、自分とプーチンの同盟が、ワシントンのエスタブリシュメントにとって、なぜ疑いの余地のないものと思われるのか、時折当惑を示している。彼にとって、実際はそうではないとを証明するのは困難だ。一方彼の反対者の連合体は、大変強力だ。なぜならウォーターゲート事件後、成功をおさめた新聞や雑誌が、過去の栄光よもう一度と夢見ていることも、少なくない力となっているからだ。」(2017年06月20日)

広告