大分県で震度5強 津波の心配なし

http://mainichi.jp/articles/20170621/k00/00m/040/141000c

20日午後11時27分ごろ、大分県で震度5強の地震があった。気象庁によると震源地は豊後水道で、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.0と推定される。この地震による津波の心配はないという。



地震で地殻にクラックが発生したところで、豪雨。大量の雨水がクラックに入り込み、マントル近くに流れ込んで高圧と高温に遭遇し、水素核融合…..爆発。

大分の南西には川内原発。北東には伊方原発。どちらも稼働中ですね。

どちらかに地震が出張しないか心配です。

人工地震→大雨→核融合地震→稼働中の原発の放射能漏れ偽装。

これくらいやらないと、安倍晋三さんの汚職三昧を有耶無耶にはできないですからね。

皆様、警戒いたしましょう。ガイガーカウンターのご準備を!

広告