BF氏も昨日、この件に触れていました。

カタールの背後にはイランがいる。イランが原油を中国とインドに「ドル」以外で売る。

原油ドル体制の崩壊を恐れた1%オリ餓鬼ユダヤ人たちが、サウジの隠れユダヤ人王室を動かして、カタール苛め。本命は、イラン。

でも、ドル原油体制なんて、崩壊は確定済み。米国経済、終わり。飼い犬の皆さん、失業。シャブ供給ストップ。w


wombat (no $, no west)

カタールがサウジを始め湾岸アラブ諸国にいびられていますが、真の理由はどうやら原油ドル体制から離脱して中露連合(ユーラシア大連合と呼ぶべきか?)の側に寝返ったからのようです。

トルコの次はカタールでしたか!それで、イラン、トルコ、ロシアあたりがカタールを擁護してたのね。

———-

The End Of The (Petro)Dollar: What The Federal Reserve Doesn’t Want You To Know

http://www.activistpost.com/2017/06/end-petrodollar-federal-reserve-doesnt-want-know.html

there are several other reasons why Qatar is in the crosshairs. Over the past two years, it conducted over $86 billion worth of transactions in Chinese yuan and has signed other agreements with China that encourage further economic cooperation.

カタールは人民元での取引に移行中と。

Russia made headlines in 2016 when they started accepting payments in yuan and took over as China’s largest oil partner, stealing a huge market share from Saudi Arabia in the process. Iran also dropped the dollar earlier this year in response to President Trump’s travel ban. As the tide continues to turn against the petrodollar,

ロシア、イランはすでに米ドルを見限って、人民元での取引をしてますと。

China, Russia, and India are all ahead of the curve and started stockpiling gold years ago.

露中印は何年も前から懸命にゴールド現物を買い集めていると。

It is starting to become obvious that countries in Eastern Europe will look to the East to get the resources their economies need.

東欧諸国も「西」を見限って「東」を向きつつあると。

広告