スライド5「国会の喚問には出ない」といつもの通り、冷たく言い放って、ニヒルに済ませようと思ったのに。

G20に逃げて、米露首脳と会って話題づくりして話を逸らそうと思ったのに。

エストニア訪問をキャンセルして、九州豪雨の被災地に行って、防災服着ておっさんの手を握って点数稼ぎしたのに。

全然、効果がない。国民の怒りは増すばかりで、安部辞任要求デモが巨大化しそうで怖い。自民党内からも、安部よ、清和会よ、日本会議よいい加減にしろと、予期せぬ突き上げ。「1強」のはずなのに。

こりゃまずい。国会喚問に出て、誠実な振り、真摯な振りをしよう。これで、国民を誤魔化そう。それに讀賣に「安倍首相の国会証言を好感して支持率が回復した。」と書かせよう。だが、第1統一教会新聞、讀賣からは、「状況が変わって、ヒジョーにやばい。社内からも安倍政権迎合姿勢に不協和音が聞こえてきている。今は、あんたの提灯は担げない。」と絶望的な返答。第2統一教会新聞の産経に安倍礼賛記事を書かせたいが、産経の惨めな発行部数では、焼け石にスポイト一滴だ。いや、むしろ、火に着火剤だ。

結局、国会の証言で、安部はさらに男をさげ、卑怯者、狡猾な糞野郎と誹られることになります。安倍の汚らわしい「弁解」「言い訳」で、国民の怒りは増幅。安倍退陣要求デモは、夢の100万人体制に!

安倍ちゃん、もう一息だ。がんばれ!もっと、愚かに、間抜けさ丸出しで、快進撃の自爆作戦を敢行してくれ!ありがとう、馬鹿でいてくれて!

広告