トランプ氏の米国が、シリア反政府勢力への支援を中止。

これで、シリアのアサド政権とロシアがシリアを平定できる。

シリアの「大イスラエル帝国」領土化が阻まれる。

1%オリガーキ・ユダヤ金融悪魔の3000年のNWO野望(妄想)が頓挫。

ショックで、1%オリガーキの老兵たちも死期が早まりそうです。

生きているか不明なソロスさん、次はあなたです。マケインさんも貴方と一緒に行きます。キッシンジャーさん、最後の1%大物のあなたが逝けば、あとは小者ばかりです!

シリアショックで、連鎖的にあの世に旅立ちましょう!死神さん、満を持して、皆さんを地獄に団体でお連れください!


●反アサド派への支援中止=シリアで対ロ協力の一環か―米
7/20(木) 9:36配信 時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000032-jij-n_ame

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は19日、米政府がシリアのアサド政権と戦う反体制派を対象に、中央情報局(CIA)を通じ行っていた武器や訓練の提供について、中止を決定したと報じた。

アサド政権の後ろ盾のロシアは、かねて米国に反体制派支援をやめるよう求めていた。

同紙が米当局者の話として伝えたところでは、支援中止は今月上旬の米ロ首脳会談に先立ち、トランプ氏がマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)やポンペオCIA長官と協議して決めた。米ロ首脳会談では、シリア南西部での停戦に合意した。 

広告