201707310105_box_img1_A.pngスーパー・シャブ中台風5号デラックス。凄いですねー。

一日で30hPaも勢力を伸長させたり。既に930hPaなんていう「非常に強い」台風となり、今後も、温かい海域を通過して成長する?ミゾーユーの強さになりそうな。

安倍ちゃん一味の窮地を救うハチャメチャ迷走台風となるのか?13通りの進路予測?どれも外れるのでは?1%オリガーキさん次第で、台風の行方が決まるなんて言う世迷言をRKという変わり者が言っているみたいです。

天空の100メートル超級謎の人工衛星群が、一斉に5号デラックスの今後の進路付近の海域をマイクロ波で必死に温めている夢を見ました。あくまで、夢ですが。


爆龍

自然に発生した台風とは到底考えられません。「ユダヤ安倍ちゃん救済台風」ですな!
(^O^)

◆【台風5号】世界の台風予想、13パターンに意見割れる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000212-weather-soci
8/1(火) 7:28配信

台風5号はゆっくりと複雑な動きをしながら、小笠原諸島付近を通過し、週末にかけて北上し日本に接近する予想です。
予報円にはまだ出てこない「6日(日)以降は一体、どこへ進むのか?」が気になるところですが、各機関の情報を見てみると…

◆各国の予想13パターン、意見割れる
図は、台風を監視する世界各国機関による5号の進路予想をまとめたものです。
東日本へ進む・西日本へ進む・沖縄方面へ進む・東の海へ離れるモデルとバラつきがあることが分かります。

なぜここまでバラつくのか。
台風は太平洋高気圧の周りを沿うように進むため、高気圧の大きさ・位置を計算できるかが、進路予想に大きく影響します。

通常はこの高気圧の大きさ・位置が見当がつきやすいため、各国の進路予想にここまでの大きな違いはみられません。沖縄の南からカーブを描いて右曲がりに接近するコースが、よく見る予想です。
一方で今回は高気圧の大きさ・位置が通常とはかなり異なるようで、それが世界のコンピューターの計算結果(予測モデル)が割れている要因になっています。

◆いずれにしても各地に影響か
進路が現時点で定まらない台風5号ですが、どこに進んだとしても、直接的・間接的に何らかの影響が考えられます。

[西日本へ進んだ場合]
西日本では大雨・暴風に警戒が必要です。特に紀伊半島、四国太平洋側、九州南部などが警戒エリア。
一方で東日本は直撃しないものの、台風が運んできた湿った空気の影響で結果的に大雨になる恐れがあります。
また、北陸はフェーンによる猛暑も考えられます。

[東~北日本へ進んだ場合]
北、東日本は太平洋側ほど大雨、暴風に警戒。
一方で西日本や北陸・東北の日本海側は台風の間接的な影響で猛暑になる可能性があります。

◆【ここが注目】進路が定まるのは8/3(木)昼頃
では、一体、いつになったら進路が定まってくるのか?

8月3日(木)昼頃になると、台風5号の進路がだいたい定まってきます。
台風の上陸の有無や上陸する場合はその地点がある程度固まり、雨風の予想や生活・交通への影響もより詳しくお伝えできる予定です。
引き続き最新情報をこまめにご確認ください。

 

広告