ユダヤ朝鮮裏社会の対日支配の邪魔になるのが、正義派の弁護士。

司法試験の難度を思いっきり下げて、弁護士を大量に製造することで、品質を劣化させ、弁護士全体の権威を貶めようと企んだ。

仕事のない新制度弁護士は、悪事に走る。訴訟を捏造する。裏社会は、日本を訴訟まみれの殺伐とした米国型社会に改悪しようとした。

確かに弁護士の権威は堕ちた。だが、使えない弁護士を増やし過ぎて、問題にもなった。所属する弁護士事務所を見つけられない者も出てきた。開業しても、ほとんど仕事のない弁護士がうようよいる。最難関の司法試験を通過しても、年収100万円。

サラ金の過払い訴訟でなんとか食いつないできた弁護士たちも、そろそろ、時効で、市場そのものが消滅する。さて、これからはどうやって食っていくか?訴訟を捏造するしかない。米国式の何でもかんでも闇雲に訴訟沙汰となるのか?

だが、訴訟件数は激減している。今後、弁護士はさらに食えなくなる。

弁護士「仕事がない!」人数は2倍、訴訟件数3分の2。大半が年収100万円以下

↑これが、現実。

政府は、まずいと思ったらしく新制度司法試験の合格者を減らした。法科大学院を出ても弁護士になれないと知った志望者が、去っていった。志願者は最盛期の一割にまで落ち込んだ。結局、旧制度の時代と同じになった。

日本を支配する1%オリガーキの目論んだ、弁護士水増しによる「日本の殺伐とした訴訟社会」化。訴訟件数の減少で、頓挫。ハザール・マフィア・ユダヤ人たちは、争い事を好まないという日本人の特質を理解していなかったのですね。

残念でした。

ま、優秀な日本人は、弁護士なんて言う非生産的な仕事に就かない方が、国家の為になると思います。


パレスチナ万歳
2017年7月31日7:26 AM 編集

でもこれに関しては奴等失敗ですね(^O^)

法科大学院、半数が廃止・募集停止 背景に政府読み誤り

 弁護士や裁判官ら法曹人口を大幅に増やす狙いで国が設立の旗を振り、ピーク時には74あった法科大学院の半数近くが、廃止や募集停止になったことがわかった。2004年のスタート時に参入を広く認めたが、政府による法曹の需要予測が外れたこともあり、来春に向けて募集を続けるのは39にとどまる。全体の志願者は最多だった04年の7万3千人の1割程度にまで落ち込んでいる。

弁護士増やして訴訟社会とはいかなかったみたいですねo(^-^)o

 

 

 

広告