仲間内の(元)部落同志に全ての罪を押し付けて、逃げようと企む安倍朝鮮悪一味。

腹を据えて、かつての親方に公然と対決を求める籠池。

小悪人だが、開き直って、巨悪と戦う道を選んだ籠池。

「安倍(晋三首相)さんの正体が見えてきた。(自民党総裁の)3選はとても無理だし、あの人にやらせたら大変なことになる。私は逮捕されるが、そのことで国民が、安倍政権をますます見放すことになれば本望だ」

言ってくれるじゃねーか。籠池、見直したぜ。

こちとら、江戸っ子だが、上方のど根性、見させて貰ったぜ。

「籠池の」を国士に脱皮させてくれた安倍ちゃんに礼を言うぜ。

籠池応援団、結成。


酢味噌

籠池「逮捕直前」最後の咆哮:安倍政権「凋落」ならば本望だ!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170801-00542601-fsight-pol

「安倍(晋三首相)さんの正体が見えてきた。(自民党総裁の)3選はとても無理だし、あの人にやらせたら大変なことになる。私は逮捕されるが、そのことで国民が、安倍政権をますます見放すことになれば本望だ」

 7月上旬、大阪市内のホテルで行った2時間以上に及ぶインタビューの最後を、籠池泰典・森友学園前理事長(64)は、こう締めくくった。実際、そうなった。

 高支持率を背景に、菅義偉官房長官らによる危機管理能力も高く、磐石に思えた安倍政権が、都議選大敗と支持率の急落に揺さぶられている。このままでは、大願の憲法改正どころか前提となる3選も危うい。

 そのきっかけを作った籠池前理事長だったが、大阪地検特捜部は7月27日の1回目に続いて7月31日、2回目の任意聴取を行い、そのまま籠池前理事長と妻の諄子(じゅんこ)容疑者(60)夫妻を逮捕した。容疑は、国や大阪府の補助金を不正受給したという詐欺の疑い。今後は、森友学園に対して国有地を8億円あまりも安く払い下げた財務官僚らの捜査も控えており、「忖度させたのは誰か」を含め、安倍政権も無傷ではいられない。

(中略)

 疑惑発覚当初は、「(籠池氏の)教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている」と語った安倍首相は、2月24日、「しつこい人」と掌を返し、それ以降、流れは変わった。大阪地検特捜部は、官邸の意向を受けて捜査着手。「ワルは籠池」を前提に立証する国策捜査とは言え、籠池容疑者らによるごまかしの証拠は、数々残されていた。「小學院開設のための無理の積み重ね」と言えなくもないが、そんな身勝手な理屈が通るわけもなく、逮捕の流れは変えられなかった。

 ただ、テレビカメラを自宅に引き入れ、特捜部の家宅捜査の様子を放映させ、即席の記者会見を何度も開いて安倍政権の「歪み」を訴える。さらには都議選の最終日に秋葉原に出向き、「嘘はイカーン!」と声を張り上げるなどのパフォーマンスは、同時期に進行していた「加計学園疑惑」との対比において、確実に官邸主導の歪みを現出させ、安倍政権の支持率低下につながった。

 籠池は葬り、加計は助ける――。その違いが、安倍政権と安倍首相個人との手前勝手な「距離感」「都合」でしかないことに国民は気付いている。

(以下略)

Foresight 8/1(火) 6:00配信


この長い記事では、籠池氏が似非ウヨ思想を持ち、極右学校を作るようになったキッカケや理由なども書かれていますが、そんなどうしようもない似非ウヨ(=朝鮮悪の下僕)ジジイにすぎなかった籠池氏が、今や安倍朝鮮悪に戦いを挑んでいる……

最低下劣な似非ウヨ&似非愛国者&似非国士だったはずなのに、今や、朝鮮悪という侵略者と戦う「本物の国士」として目覚めてしまった……

本当に、この世はおもしろい!

広告