スキャンダルまみれの史上最悪の安倍偽総理が「人づくり革命」をやるんだそうで。

なになに、詐欺師でも量産するんですか?

「画一的な発想にとらわれない人づくり革命を断行し、日本をチャンスがあふれる国へと変えていく」?

森友でも加計でもチャンスがあったら食らいつき、利権を育てて私利私欲を追及できるような人づくりですか、は―なるほど。日本を朝鮮悪のゴロツキにとって搾取と独占のチャンスにあふれた夢の国にするんですね。

わかりました。


見よ!

安倍はもう何もやるな。「人づくり」といいながら、結局は「あれをやるな、これをやるな」で人を縛るだけ。

◆安倍改造内閣 看板政策ネーミング「人づくり革命」大不評
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/08/06/kiji/20170805s00042000434000c.html

安倍晋三首相が改造内閣で看板政策として掲げ、担当大臣も置いた「人づくり革命」というネーミングに批判が起きている。有識者からは「革命の意味を知らないのか」といぶかる声が上がり、ネット上でも「上から目線」「不気味」などの書き込みが相次ぎ、ツイッターなどでは人造人間が登場する漫画のシーンとともに、やゆするコメントも投稿された。
首相は6月の記者会見で、「画一的な発想にとらわれない人づくり革命を断行し、日本をチャンスがあふれる国へと変えていく」と、政策の新たな柱に据えることを表明。3日の内閣改造で茂木敏充氏を経済再生担当相との兼務で担当相に起用した。
政治風刺コントを手掛ける戯作(げさく)者の松崎菊也氏は「安倍政権のスローガン政治の典型だが、あまりにも厚かましい言葉。どんな人間がつくられるのか全然分からないし、そんな高慢な方々には人をつくってもらいたくない」と厳しく批判。また、日本大の岩井奉信教授(政治学)は「政治学的に言うと、革命とは支配者と被支配者が逆転すること。いわばちゃぶ台返しなのだが、なぜこの言葉を使ったのか。安倍政権は1億総活躍のころから、言葉だけが躍ってきている」と疑問を呈した。

広告