ヒットラーが1945年にベルリンで死なずに、戦後、アルゼンチンで長く生存し、悠々自適の生活を送っていた。

この事実が世界に知られるということは、世界を騙し続けてきた1%オリガーキユダヤ人の構築した壮大な嘘が発覚するということです。大変、喜ばしい。この「変化」をきっかけに、世界の真の構造が人類に広く知られ、目を開かせることを切に希望します。

ヒットラーは、金融ユダヤ人が雇った「イスラエル建国の父」でした。


パレスチナ万歳

やはり,,,

CIA:1950年代初期にヒトラーはまだ生きていた

米中央情報局(CIA)の機密解除されたファイルには、1950年代半ばにアドルフヒトラーはまだ生きており、南米で暮らしていたとする証拠が入っている。

通信社スプートニクによると、ヒトラーの死は1945年とされているが、米CIAのファイルから、ヒトラーがその10年後の1955年にもまだ生きていたという証拠が発見された。

メディアは、情報提供者の書面による報告書と、ヒトラーの白黒画像という形で証拠を得た。

機密解除されたファイルによると、CIA西半球局は1955年、秘密の短い文書を受け取った。そこでは、CIAベネズエラ支局長が自身の情報提供者から、ヒトラーが今も生きており、アルゼンチンにいるという内容の報告を受けたと述べられている。

情報提供者は報告の中で、ナチス親衛隊の元兵士フィリップ・シトロエンと接触を持っていたと指摘している。シトロエンは、現在ヒトラーとのつながりを維持していると主張したという。またシトロエンが、ヒトラーがアドルフ・シャトルマイヤーという偽名をつかっていると話したほか、1955年1月までヒトラーとおよそ月に一度会っていたと語ったという。また報告には、シトロエンがヒトラーにとてもよく似た男性と一緒に写っている白黒画像も添えられていた。

先にアルゼンチンでナチスの秘密の倉庫が見つかったと報じられた。

広告