非常に強い台風だけれど、中国に向かっていると聞いていたので「ま、いいか」と捨て置いたのに。急角度でカーブを旋回して、日本列島に向かって直進。16日以降、九州に上陸するとか。まるで、誰かさんが「舵」を切ったみたいですね。

18号の進路の海水温が例年より高くて、台風がエネルギーを補給しやすい27度を大きく超えているそうで。衰えないままに九州直撃?

3連休が台無しになりそうです。こういう時は、9月16日のRK倉敷講演会でアカデミックな時間の過ごし方を!嵐の音を聞きながら、世界の明るい未来を夢見ましょう。

それにしても、宇宙空間の「海水温加熱装置」とか、高温の排水を排出する、当該海域の海中を遊弋する米原子力潜水艦群とか、海水温が上昇する理由がありそうですね、マイケル・グリーンバーグさん。


冨永 俊史

【人工台風】

◆台風18号急カーブ、3連休に日本列島を北上か(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170913-OYT1T50095.html

非常に強い台風18号は13日午後10時現在、沖縄県・宮古島の北約80キロの海上を時速約10キロで北西に進んでいる。

14~15日に偏西風の影響で進路を東に変えて、16~17日に九州へ上陸する可能性がある。

近畿では16日から南部を中心に大雨になり、17日午後にも最接近する見込みで、気象庁が警戒を呼びかけている。

同庁によると、13日午後10時現在の中心気圧は950ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内で風速25メートル以上の暴風域となっている。(2017年09月13日)

広告