日本人の利益に反する媚米政治を推進するため、起用された朝鮮悪と部落悪。与党役の自公の朝鮮人と部落。野党役の希望と維新の部落と朝鮮。与党も野党もマイノリティーで構成され、日本人の利益とは無関係。

自公希維が、結託して、憲法改正を進め、日本を中国と戦闘状態に追い込むのが、飼い主の金融ユダヤ人の目論見だった。だが、10.22謀略選挙で大失敗し、立憲民主党を大勝させてしまったが、敗戦処理は続いている。惨敗した希望と維新が、敗者同士結合へ。共倒れ確定です。

小池も松井も周囲の支持を失い死に体。両者がくっついて、抱き付き心中。なんて楽しい自爆テロ。


とくお

維新・松井代表、希望合流に含み 「主義主張や政策が合えば…」

http://www.sankei.com/smp/politics/news/171111/plt1711110006-s1.html

日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は10日、産経新聞のインタビューに応じ、衆院選で連携した希望の党との今後の関係について「政治の世界で力をつけるには所属議員数は必要だ。主義主張や政策が合えば別の政党でやる必要はない」と述べ、将来的な合流に含みを持たせた。同時に「主義主張を横に置いて『選挙互助会』をやるつもりはない。しがらみなく『身を切る改革』を実現するなら連携できるが、やらないところとおつきあいするつもりはない」とも語った。

広告