スライド120

朝鮮・部落裏社会が、今、何を一番恐れているのか?

RKや周辺に恫喝を仕掛けてでも、なんとかして発覚を阻止したいと企んでいる「事件」があります。

つまり、裏社会による「生検を偽装した癌細胞や発癌性物質の臓器送り込みという手口の殺人」および「保険金殺人への応用」です。

これらの犯罪に手を染め、見事に失敗した裏社会医師らが、戦々恐々、夜も眠れない危機的状況にあるとみています。(とっくにシャブ中でしょうが。)そう思わせるに十分の裏社会メンバーの動きが見て取れます。

この手口が使えないとなると、裏社会にとっての邪魔ものを「安全」に消す手段が使えなくなります。また、身内に保険をかけて、この手法で時間差で癌死させる錬金術も、行使できなくなります。

この種の暗殺方法が使われていることを、広く世に知らしめたいのです。安倍一味と敵対する沖縄県知事の膵臓に、癌細胞を注射されてしまっては困るのです。皆さん、ネット中に情報拡散してください。裏社会が一番嫌がることをする。それが我々の責務です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2018.3.24リチャード・コシミズ横浜講演会・前半

2018.3.24 リチャード・コシミズ横浜講演会・後半

チャベス氏ら、南米の反米指導者を襲った癌病のからくり。「生検」を偽装した癌細胞や発癌性物質の臓器送り込みという手口の「殺人」。保険金殺人への応用。安倍一味が、佐川さんや籠池さんなどに使いそうな殺人手口を先回りして解説しました。
スライド119.JPG