どうしても負けられない新潟知事選。

「期日前投票改ざん」の手口を使いましたね、日本会議統一教会朝鮮人自民党さん。

「半分くらい反・安倍」を偽装して、有権者をだました花角候補。創価で固めた選管凶悪犯は、期日前投票が増えたことを偽装。毎夜、投票箱の中身を入れ替え・自公候補の偽票を投入。結果、期日前は、自公偽票が極端に多くなり、改竄しない当日票は、野党候補が絶対優勢。この差異が発覚しないように、メディアに緘口令。

安倍一味は凶悪犯罪者です。何でもやります。保険金殺人も麻薬密輸も。不正選挙なんて当たり前。日本の敵です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

与党系の花角英世氏が勝利、野党共闘候補破る 参院選に弾み
【産経新聞号外】新潟知事選 与党勝利[PDF]
 新潟県の米山隆一前知事の辞職に伴う県知事選は10日投開票され、無所属新人で元副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持=が、いずれも無所属新人で元県議の池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦と、元同県五泉市議の安中聡氏(40)を破り、初当選を決めた。

 選挙戦は、与党が支持する花角氏と、立憲民主党など野党5党の推薦を受けた池田氏による事実上の一騎打ち。与野党とも来年夏の参院選の前哨戦と位置づけ、野党各党は森友・加計学園問題など安倍晋三政権への批判も交えながら、総力戦で選挙戦を戦った。

 花角氏の勝利を受け、与党は終盤国会でカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案など重要法案の成立に全力を挙げる。9月の自民党総裁選での安倍首相(党総裁)の3選にも追い風になるとみられる。一方、野党は参院選に向けた野党共闘の戦略の見直しを迫られそうだ。

 花角氏は国土交通省で要職を歴任し、副知事も務めた行政手腕を強調。政党色を薄めた「県民党」の姿勢を貫き、地元企業や支援団体など組織票を固めた。